how to create a website

ラインナップで勝負!ファションコーディネートの基本のキ:ベーシックカラー


衣食住の1つである衣。ファッションはとても重要な自己主張です。
ファッションで人となりまで透けて見えるもの。自分らしいファッションを確立したいものですね。

自分らしいファッション
 
自分らしいファッションって何でしょう。
 
流行にながされないファッション?
他の人が来てなさそうな変わったファッション?
飾らないシンプルなファッション?
 
どれもはあなたらしいファッションになるでしょう。
重要なのは、普段からどんな服装で過ごしているか、です。
それがあなたらしいファッションです。
 
ぶっちゃけたところ、常に流行を追いかけていてもいいのです。
それがあなたらしいファッションという事です。
Mobirise
ファッションコーディネート
 
シンプルで素朴な服装なのに、おしゃれな人っていますよね。
同じようなアイテムを使っているのに、自分はおしゃれに見えない。
 
一体なにが違うのでしょう。
 
答えはファッションコーディネートです。コーデなんて言われたりしますね。
コーデの基本がわかっていたら、シンプルな服装でも簡単にオシャレになります。
ここでの違いは、「知っているか、知らないか」です。
 
これを読めば、あなたも今日からおしゃれの仲間入りです♪
 
コーディネートの基本のキ:色はベーシックカラーを選ぶ
 
着回しのしやすさは、カラーが大きく影響します。
どんな服にも合わせやすいように、ベーシックカラーを選びましょう。
パステルカラーやビビットカラーはなかなか着回しがしづらいです。
 
具体的には、白・黒・グレー・ネイビー・ベージュ・ブラウンが、ベーシックカラー。
さらに、白といっても「ホワイト」「オフホワイト」
グレーといっても「暗いグレー」「明るいグレー」
その他、「赤みのあるブラウン」「イエロー掛かったベージュ」など、いろいろなバリエーションがあります。
 
パーソナルカラーに合わせて「似合う色」を把握しましょう。
肌の色によって、その人に良く似合う「パーソナルカラー」があります。
ざっくり分類すると次の2種類です。
 
お肌の色みが黄みがかっている方は「イエローベース」
ゴールドや黄みがかった色が肌に馴染みます。
茶色をメインとした定番色を用いましょう。
ベージュ・茶・アイボリーなど。
 
お肌の色みが青みがかっている方は「ブルーベース」
シルバーや青みがかった色が肌に馴染みます。
モノトーンの定番色を用いましょう。
白・黒・グレーなど。
 
「パーソナルカラー」の把握が難しい場合、単純に服を合わせてみて顔色が明るく見えるものを選べばよいでしょう。
 
まとめ
 
いかがでしたか?
基本を押さえれば、少ないアイテムでもお洒落に気回すことが出来る様になります。
そうすれば、次第にクローゼットの中身の断捨離も進みますね。
空いた隙間には、コーデを意思したワンランクアップしたファッションを増やしていきましょう。

(文:樹璃)
 

SHARE THIS PAGE!

Mobirise

プチプラ大人コーデに憧れて
Longing for adult coordination of petit price.



© Copyright 2018 Jyuri - All Rights Reserved